HONDA

CRF1000L AFRICA TWIN その詳細に迫る!!① リリース情報まとめ

CRF1000L アフリカツイン AFRICA TWIN トリコロール トリコホンダが2014年のEICMA(エイクマ)=ミラノショーに出展した“True Adventure プロトタイプ”で示した、オンロード・オフロード問わず高い走行性能を持つ“真”のアドベンチャーモデル。それを具現化したブランニューマシンが、CRF1000Lアフリカツインだ。

15年10月現在までのリリース情報を総合すると、新開発の998cc 水冷4ストローク OHC 4バルブ並列2気筒エンジンは、コンパクトながら高い性能を発揮し、軽量なセミダブルクレードルフレームを採用した車体と組み合わせられる。さらに、オフロード特性を向上させたデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を採用したモデルのほか、ABSとトルクコントロールシステムを搭載したモデルも設定されている。

車体色は、ダカールラリー参戦マシン“CRF450 RALLY”のカラーをまとったCRFラリーをはじめ、トリコロール、シルバーの全3種類が展開されるもよう。

12月中旬から欧州で発売を開始し、その後、日本や北米での販売も計画されているという。欧州でのメーカー希望小売価格は、スタンダードモデルで約1万2,100ユーロになる予定だという。ということは、国内での販売価格はVFR1200X(189万円)よりも安いのは当然のこと、もしかするとVFR800X(138万2,400円)とほぼ変わらない、もしくは安く設定されるかも…?

SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 CRF1000L AFRICA TWIN

全長×全幅×全高

2,335×875【[930]】×1,475(mm)

軸間距離

1,575mm

最低地上高

250mm

シート高

870-850mm

車両重量

228[232]【242】kg

燃料消費率

WMTCモード値   21.7(DCT:21.8)km/ℓ
定地燃費値  ーkm/ℓ

エンジン種類

水冷4ストローク OHC4バルブ 並列2気筒

総排気量

998cm3

内径×行程

92.0×75.1(mm)

最高出力

70kW(95ps)/7,500rpm

最大トルク

98N・m(9.9kgf・m)/6,000rpm

燃料タンク容量

18.8ℓ

潤滑方式

セミドライサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング式

トランスミッション形式

マニュアルミッション:常時噛合式6段リターン
DCT:電子式6段変速

タイヤサイズ

 90/90-21 M/C 54H(チューブタイプ)

 150/70R18 M/C 70H(チューブタイプ)

ブレーキ形式

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

フレーム形式

セミダブルクレードル

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

未定

※[ ]内はABS、【 】内はDCT