YAMAHA

東京モーターショー2015 注目のバイクたち!! ヤマハ編

10月30日~11月8日までの10日間にわたり開催される第44回 東京モーターショーは、国内外の二輪・四輪メーカーが集う、最新モデルの見本市である。そこへ出品される注目のバイクたちをここで予習しておこう!!

リーニング・マルチ・ホイール LMW

ヤマハからは、新型YZF-R1を彷彿させるレーシーな姿のリーニング・マルチ・ホイール(LMW)のコンセプトモデル、125ccエンジン搭載のレゾネーター125、電動バイクのPES2とPED2をはじめ、ワールドプレミアモデル6台とジャパンプレミアモデル1台を含む、合計20(二輪車以外もあり)モデルが展示される予定だ。

その中から、ワールドプレミアとなる、3台のコンセプトモデルをご紹介しよう。


RESONATOR125

バイクに初めて乗る若者をターゲットにデザインされたコンセプトモデル。軽量・スリムな車体は全体的にレトロなデザインながら、メーターまわりにはアクションカメラやタブレットのようなモノが設置され、現代的な仕上がりになっている。
タンクやシートカウルはギターに用いる木目素材を使い、マフラーやタンクキャップには管楽器などの装飾に採用されるエングレービング技法(彫金のこと)が使われるなど、ヤマハらしいデザインへのこだわりが見られる。


PES2

ガソリンエンジンを搭載したバイクにも引けを取らない、Passionを感じる新感覚のライディングフィールの実現を目標としたEV(電動)バイクのコンセプトモデル。ヤマハ・スマートパワー・モジュールと名付けられた、フレームの役目も担うモノコック構造の新パワーユニットを搭載している。
さらに、前輪にインホイールモーターを備えた2輪駆動というから、その走りが気になるトコロ。


PED2

PES2と同じパワーユニットを搭載したコンセプトモデル。あちらはSreetスポーツのSであったが、コチラはDirtスポーツのDを冠しており、その名前のとおりEVならではのクリーン&サイレントな特性を活かして、自然の中をトコトコと楽しめるマウンテントレールギアだ。
両モデルともに、その走行性能は原付二種クラスのバイク相当だという。

http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/2015tokyomotorshow/sp/