KAWASAKI

東京モーターショー2015 注目のバイクたち!! カワサキ編

10月30日(金)~11月8日(日)までの10日間にわたり開催される第44回 東京モーターショーは、国内外の二輪・四輪メーカーが集う、最新モデルの見本市である。そこへ出品される注目のバイクたちをここで予習しておこう!!

カワサキからはNinja ZX-10R ABSNinja ZX-14R ABS/ZZR1400 ABS(ハイグレード仕様)、Z125プロの3台のジャパンプレミアモデルを含んだ計9台のモデルの出品が発表された。

ここでは、3台のジャパンプレミアモデルの詳細に迫っていこう。


Z125 PRO

Z125 PRO プロ KAWASAKI カワサキ 東京モーターショー2015

Zシリーズの最小排気量モデルとして登場予定のZ125プロ。12インチホイールを採用したコンパクトな車体に、倒立フロントフォークや前後ペタルディスクブレーキ、マニュアルトランスミッション、新設計の125cc単気筒エンジンなど、走りを楽しめる要素を盛り込んでいる。同社からはすでに、同様の車体構成を持つKSRプロがラインナップしているが、足まわりやフレームなどはそちらからの流用としつつも、マフラーの取りまわしの変更やタンデムが可能になるなど、少なからず手が加えられているようだ。

Zシリーズの名にふさわしい、アグレッシブでスタイリッシュなデザインを採用したというエクステリアは、カバードされたフレームやLEDテールランプ、クリアウインカーなどが注目ポイントとなる。

スライドショーには JavaScript が必要です。


Ninja ZX-10R ABS

Ninja ZX-10R 2016年モデル

実に5年ぶりにフルモデルチェンジを受けたNinja ZX-10R。すでにその詳細がリリースされ話題になっているが、実車が国内で初披露されるのは東京モーターショー会場にてとなる。

”サーキット最速”を明確な目標として掲げ、開発が進められたという新型Ninja ZX-10R。その目標を達成すべく、エンジン・フレーム・足まわりなど、車体全体に手が加えられている。スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているカワサキレーシングチームが使用しているNinja ZX-10Rをイメージしたカラーリングも相まって、サーキットでの鋭い走りを予感させてくれる。


Ninja ZX-14R ABS/ZZR1400 ABS

Ninja ZX-14R ZZR1400 2016年モデル High Grade ハイグレード仕様Ninja ZX-14Rの2016年モデルも国内初お披露目となる。2016年モデルの注目点は、何といってもハイグレード仕様の追加。

シートレールに貼られたÖHLINSのプレートが目を引くオーリンズのリヤショック、ブレンボのラジアルマウントキャリパー、同じくブレンボのラジアルポンプマスターを標準装備しているのだ。

http://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/motorshow2015/