TRIUMPH

トライアンフ 2016年のニューモデル・Thruxton1200 Rが登場

クラシックスポーツモデルのスラクストン1200Rは、ボンネビルT120同様に1,200ccの並列2気筒エンジン(270度クランク)を採用しつつも、軽量クランク・独自形状のエアクリーナーボックスの採用、圧縮比のアップなどにより112N・m(11.4kgf・m)の高トルクを4,950rpmで発揮。さらに、そのパワーをロード・レイン・スポーツの3つのパワーモードで制御する。

足まわりを見てみると、ブレンボ製のローターとラジアルマウントキャリパー、ショーワ製のビッグピストンフォーク、オーリンズ製のリヤショック、ピレリ製のハイグリップタイヤ・ディアブロ ロッソ コルサなど、スーパースポーツ顔負けの装備を採用している。

水冷エンジンを搭載し、新たに登場したボンネビルシリーズ。総勢5台のモデルが同時に発表されたのだが、日本へ導入されるのはうち3台。いずれのモデルもABS、スリッパークラッチ、電子制御スロットル、トラクションコントロールシステム、USB充電ソケットなどを備え、現代的な車体構成となった。

国内では2016年4月より販売を開始。販売価格は179万円となる。


COLOR VARIATION



SPECIFICATIONS

車名(通称名)

THRUXTON1200R

全長×全幅×全高

-×745×1,030(ミラーを含まない)(mm)

軸間距離

1,415mm

シート高

810mm

車両重量

203kg

エンジン種類

水冷4ストローク OHC 並列2気筒

総排気量

1,200cm3

内径×行程/圧縮比

97.6×80(mm)/11

最高出力

72kW(97ps)/6,750rpm

最大トルク

112N・m(11.4kgf・m)/4,950rpm

燃料タンク容量

14.5ℓ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

キャスター/トレール

22.8°/92mm

タイヤサイズ

120/70 ZR17

160/60 ZR17

ブレーキ形式

Φ310mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー

Φ220mmシングルディスク&片押し2ピストンキャリパー

懸架方式

ショーワ製 倒立フロントフォーク

スイングアーム,ツインショック

フレーム形式

鋼管製クレードル

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

179万円

トライアンフコール
03-6809-5233
http://www.triumphmotorcycles.jp