DUCATI

899PANIGALEが排気量を拡大し、959PANIGALEへモデルチェンジ

従来の899ccから959ccへと排気量を拡大した新型エンジンを搭載し生まれ変わった959パニガーレ。ストローク量を899ccエンジンの57.2mmから60.8mmに変更し、60ccの排気量アップをはたした結果、本国仕様のスペックではあるが最高出力で157ps/10,500rpm、最大トルクで107.4Nm/9,000rpmを発揮している。また、アシスト&スリッパークラッチも新たに採用。

エクステリア面では、フロントカウルをよりワイドな形状とすることで空力性能を向上させているほか、ヘッドライト・エアインテーク・シートカウル・ミラーも新形状としている。

なお、ABSやトラクションコントロールシステム、クイックシフター(シフトアップ時にのみ作用)、3パターン(レース・スポーツ・ウエット)のモードセレクト機能などの各種電子制御システムは899パニガーレからの継続装備となる。

フレーム・サスペンション・スイングアームなども基本的には899パニガーレと同様だが、ピボット位置のみ899パニガーレ比で4mm下げられることで、ホイールベースも5mm延長の1,431mmに変更されている。

国内での販売価格は203万円(ホワイトは206万円)で、2016年5月ごろから販売が開始される予定だ。


899PANIGALEと見比べてみると




SPECIFICATIONS

車名(通称名)

959PANIGALE

軸間距離

1,431mm

シート高

830mm

車両重量

200kg

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ L型2気筒

総排気量

955cm3

内径×行程/圧縮比

100×60.8(mm)/12.5

最高出力

110kW(147PS)/10,500rpm

最大トルク

102N・m(10.4kgf・m)/9,000rpm

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量

17ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

37/15

2速

30/16

3速

27/18

4速

25/20

5速

24/22

6速

23/24

一次減速比/二次減速比

1.77/2.866

キャスター/トレール

24°/96mm

タイヤサイズ

ピレリ製ディアブロロッソコルサ 120/70 ZR17

ピレリ製ディアブロロッソコルサ 180/60 ZR17

ブレーキ形式

Φ320mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー

Φ245mmシングルディスク&2ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φインナーチューブ径Φ43mm ショーワ製倒立フロントフォーク

アルミ製スイングアーム,ザックス製リヤショック

フレーム形式

アルミ製モノコックフレーム

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

203万円(ホワイトは3万円高)

ドゥカティジャパン

0120-030-292

http://www.ducati.co.jp