HUSQVARNA

ハスクバーナ・701 SUPERMOTO/ENDUROが12月13日より国内販売開始!!

701 SUPERMOTO

701_SUPERMOTO_Action.459

オフロードバイクメーカーとして知られるハスクバーナは、1900年代初頭にスウェーデンでバイク作りを始めた歴史あるメーカーだ。同社が現在のKTM傘下という体制になってから初めて登場する公道向けモデルが、今回発表された701スーパーモトと701エンデューロとなる。

690ccの水冷単気筒エンジンを搭載したモタードモデル・701スーパーモトとエンデューロモデル・701エンデューロの2台は、12月13日より国内での販売が開始される。販売価格は両モデルともに123万円だ。

701スーパーモトはKTM・690SMC Rのエンジン・フレームをベースとし、サスペンションやエンジン特性の味付けが変えられたモデルで、690SMC Rからの一番大きな変更点はエクステリアデザインの変更だ。ヘッドライトまわり・ハンドルカバー・ミラー・シュラウド・シートの形状変更や、エンジンカバー類の変更などが見て取れるが、もっとも目を引くのはハスクバーナらしいブルー×ホワイト地にイエローのラインが走るスポーティなカラーリングだろう。

また、タンク容量は690SMC R比で1ℓ増の13ℓに設定。サスペンションストロークは前250mm・後ろ250mmから、前215mm・後ろ250mmに変更されている。


KTM・690SMC Rと見比べてみると




 701 ENDURO

13688_RSC1855_dafe_flat_B_RSC1855_dafe_flat_B

701スーパーモトと同様に水冷単気筒690ccエンジンを採用し、フロントに90/90-21、リヤに 140/80-18サイズのタイヤを組み合わせた701エンデューロ。このモデルのベースとなったのはKTM・690エンデューロRだ。エンジン・シャシーは基本的に流用としつつ、ハスクバーナらしいカラーリングと新デザインのエクステリアをまとっている。

701スーパーモトと同じく、燃料タンク容量は1ℓ増の13ℓに設定。前後のサスペンションストロークも690エンデューロR比で25mmアップの275mmとしている。


KTM・690 ENDURO Rと見比べてみると




SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 701SUPERMOTO

軸間距離

1,480±15mm

最低地上高

270mm

シート高

890mm

車両重量

145kg(半乾燥重量)

エンジン種類

水冷4ストローク OHC 4バルブ 単気筒

総排気量

690cm3

内径×行程/圧縮比

102×84.5(mm)/12.6

最高出力

49kW(67PS)/7,500rpm

最大トルク

68N・m(6.9kgf・m)/6,000rpm

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量

13ℓ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

一次減速比/二次減速比

2.194/2.625

トレール

112mm

タイヤサイズ

120/70 ZR 17

160/60 ZR 17

ブレーキ形式

Φ320mmダブルディスク&対向4ポット ラジアルマウントキャリパー

Φ240mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ43mm WP製倒立フロントフォーク

スイングアーム,WP製リヤショック

フレーム形式

クロモリ鋼管パイプトレリスフレーム

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

123万円

※スペックは701 SUPERMOTO 本国仕様

photographers credits:
Studio: H. Mitterbauer
Action and onsite details: M. Campelli, S. Romero, R. Schiedl

ハスクバーナモーターサイクルズ ジャパン

https://www.facebook.com/HusqvarnaJP