SUZUKI

GSX-Rシリーズ30周年記念!! GSX-R750 30年間の軌跡

ズラァーッと並んだ総勢32台のマシンたちはいかがだっただろうか?

 

もちろん、そのすべてがGSX-R750だ。1985年に登場した初代から2016年モデルまでの全年式の画像を集めているから、これを見てもらえばGSX-R750がどのように進化してきたのかを視覚的に理解できるのではないだろうか。まずは、ここで30年の歴史を感じてもらったうえで、ターニングポイントとなったモデルを後ほど、個別に取り上げて紹介していきたいと思う。

 

1985年、初代GSX-R750が登場した。その後はほぼ毎年というペースでモデルチェンジが繰り返され、1992年にトレードマークともいえた油冷エンジンを水冷化。1996年には新エンジン&フレームを採用し、完全リニューアルをはたす。そして、2000年にはそのスペックに磨きをかけるとともに、2001年にはGSX-R750をベースとして、GSX-R1000が登場することとなる。

それと時を同じくして、レースレギュレーションの変遷とともにGSX-R750はレースベース車としての立場から遠ざかっていく。

それは、1992年にGSX-R750のサイズダウンモデルとして登場したGSX-R600との関係性にも現れる。それまではGSX-R750ありきのGSX-R600であったのだが、2006年にはGSX-R600の排気量を拡大して開発される形となり、その立場が逆転。その後はレースレギュレーションに縛られない、走りの楽しさを追求したスーパースポーツとしての立場を確立し、今に至るのだ。

さらにEICMA2015では、次期GSX-R1000のプロトタイプが公開された。となれば、2011年以来モデルチェンジを受けていない、GSX-R750も近いうちに大きな進化を遂げてくれるのではないかと期待せずにはいられない。




SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 GSX-R750

全長×全幅×全高

2,030×710×1,135(mm)

軸間距離

1,390mm

最低地上高

130mm

シート高

810mm

車両重量

190kg

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

750cm3

内径×行程/圧縮比

70.0×48.7(mm)/12.5

最高出力

110.3kW(149PS)/13,200rpm

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量

17ℓ

エンジンオイル容量

2.9ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.785

2速

2.052

3速

1.714

4速

1.500

5速

1.347

6速

1.208

一次減速比/二次減速比

1.761/2.647

キャスター/トレール

23゚45’/97 mm

タイヤサイズ

120/70ZR17M/C (58W)

180/55ZR17M/C (73W)

ブレーキ形式

Φ310mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー

 シングルディスク&片押し1ポットキャリパー

懸架方式

 インナーチューブ径Φ41mm ショーワ製倒立フロントフォーク

 スイングアーム,リヤショック

フレーム形式

アルミキャストツインスパーフレーム

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

154万4,400円

※スペックは2016年モデル

モトマップ

http://www.motomap.net