SUZUKI

【GSX-R750 30年間の軌跡】2000年 GSX-R750

STYD_L99

1996年にアルミツインスパーフレームを新採用し、完全に生まれ変わったGSX-R750であったが、その4年後の2000年にさらなる進化を遂げた。エンジン・フレーム・車体デザインともに大幅な変更を受けた2000年 GSX-R750では、前年モデルよりも13kg軽量な166kgという乾燥重量を達成。これは初代GSX-R750の乾燥重量179kgを初めて下回る軽さであった。

基本的な構造は従来のエンジンを継承しつつも、アッパークランクケース&シリンダー一体型のクランクケースや、クランクシャフト・ミッションの3角形状のレイアウト、バルブの狭角化などの変更を実施。その結果、エンジン単体だけで従来モデルよりもマイナス5kgの軽量化を達成し、前後長で15mm短く、全幅も8mm短縮されている。その他にも、鍛造ピストンやダイレクトイグニッションコイルの新採用、ミッションのクロスレシオ化、クラッチの容量アップなど、さままざな変更が加えられている。

フューエルインジェクションシステムには電子制御式のスロットルバルブが追加装備され、ダブルスロットルバルブ構造とすることで低中速トルクやスロットルレスポンスが向上している。また、新設計のアルミツインスパーフレームは従来モデルよりも18%軽量に仕上げられ、スイングアームも剛性を高めつつ、8%の軽量化が図られている。

カウルデザインもリニューアルし、よりスリム&シャープな形状としている。テールランプ部にリフレクターを一体化させてまで、徹底的に軽量化を追求している点も見逃せない。

 

STYR_L99

この2000年モデルの完成度の高さは折り紙付きで、翌年の2001年にはこのモデルをベースにGSX-R1000とGSX-R600が製作されていることからもそれがうかがい知れる。その後、2004年にチタンバルブやアルミ鍛造ピストンなどを採用し、エンジンの熟成が図られつつ、2005年まで継続販売されていくこととなる。

そして、2006年。GSX-R750に大きな転機が訪れることとなる。


COLOR VARIATION



SPECIFICATIONS

車名(通称名)

GSX-R750(2000年)

全長×全幅×全高

2,040×717×1,134(mm)

軸間距離

1,400mm

シート高

830mm

車両重量

166kg(乾燥重量)

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

999cm3

内径×行程

72×46(mm)

最高出力

102.9kW(140PS)/11,000rpm

使用燃料

 無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量

 18ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

タイヤサイズ

 120/70 ZR17

 180/55 ZR17

ブレーキ形式

 Φ320mmダブルディスク&対向4ポットキャリパー

 シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

 インナーチューブ径Φ43㎜ 倒立フロントフォーク

 スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

 アルミツインスパーフレーム

乗車定員(人)

2