SUZUKI

【GSX-R750 30年間の軌跡】1986年 GSX-R750R

1985年に初登場した初代GSX−R750は、1985年3月〜12月で5,684台を販売し、その年の国内二輪車 750ccクラスでトップの販売台数を記録した。それは、ル・マン24時間耐久レースや全日本ロードレース選手権などで勝利したというレースでの活躍による影響が大きい。そのレース仕様車の技術をフィードバックし販売されたのが、1986年 GSX-R750Rだ。

まず目につくのはヨシムラカラーの車体色だろう。ゼッケン1が誇らしげにレイアウトされたカラーリングは、まさにレーシングマシンそのものといった感じ。下のヨシムラ製レーサーと見比べてみると、その完成度の高さがわかるのではないだろうか。

レーシーなルックスに違わず、電気制御式のアンチノーズダイブシステムを採用したフロントフォークや、ガス室別体式リヤショック、乾式クラッチ、ステアリングダンパー、専用設計のシングルシート、市販車初となるイエローバルブのヘッドライトなどを装備した本格的な仕上がり。

メーカー希望小売価格は105万円という国産市販車としては初の100万円超えのマシンであったGSX-R750R。販売台数は500台限定だ。


別カラーのGSX-R750Rも

1985年の東京モーターショーに参考出品されていたGSX-R750Rの別カラー。海外ではコチラのカラーリングのGSX-R750Rが、GSX-R750R Limited Editionとして販売されていたようだ。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

GSX-R750R(1986年)

型式

 GR71G

全長×全幅×全高

2,120×745×1,215(mm)

軸間距離

1,455mm

最低地上高

120mm

シート高

770mm

車両重量

181kg(乾燥重量)

エンジン種類

油冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

749cm3

内径×行程/圧縮比

70.0×48.7(mm)/11.0

最高出力

56.6kW(77PS)/9,500rpm

最大トルク

62.7N・m(6.4kgf・m)/8,000rpm

燃料タンク容量

19ℓ

エンジンオイル容量

4.8ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

キャブレター

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

乾式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.769

2速

2.062

3速

1.647

4速

1.400

5速

1.227

6速

1.095

一次減速比/二次減速比

1.744/3.000

キャスター/トレール

26°00’/107mm

タイヤサイズ

110/80-18

150/70-18

ブレーキ形式

φ310mmダブルディスク&対向4ポットキャリパー

シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

アルミダブルクレードルフレーム

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

105万円

※メーカー希望小売価格は販売価格です