SUZUKI

【GSX-R750 30年間の軌跡】1989年 GSX-R750R

1986年のGSX-R75oR同様に、500台限定で販売された1989年 GSX-R750R。通称GSX-R750RKと呼ばれるモデルだ。なぜRKなのかというと、1989年モデルのGSX-R750はK型であり、そのGSX-R750(K)のRモデルなので、RKになるわけだ。165万円という、スタンダードモデルの2倍以上の販売価格が付けられているのだが、その値段に恥じない豪華な装備がおごられている。

Φ40mmの大径キャブレター、耐久レーサー由来の材質を使用したクランクシャフト、ワークスマシンと同様の製法で作られるコンロッド、1988年のル・マン24時間耐久レース参戦マシンと同じギヤ比を採用したクロスミッション、サブフレーム付きスイングアーム、アルミタンクを採用し、専用のシングルシートをはじめとしたカウル類はFRP製とするなど、まさにレーシングマシンそのものといえる仕上がりになっているのだ。

フレームは、ステアリングヘッド部分にGSX-R1100のモノを流用しつつ、メインパイプ径のサイズアップ、スイングアームピボットまわりの強化でワークスマシンとほぼ同等の強度を確保。エンジンのカバー類は専用形状のパーツをおごることで、スタンダードモデルよりもバンク角を増大(右側で1°05’、左側で2°25’)させている。

その他にも、サブオイルクーラーを追加装着したデュアルオイルクーラーシステムや、インナーロッド式のフロントフォーク、スリット付きのフローティングブレーキディスク、アルミ削り出しのブレーキ・クラッチレバー&ハンドルバーウエイト、アルミ鍛造アッパーブラケットなど、ほぼすべてのパートで専用パーツがおごられている。

また、1989年 GSX-R750Rに採用された専用エンジンはスタンダードモデルよりもストロークを4mm延長したロングストローク設定。その後、1990年 GSX-R750では、この1989年 GSX-R750Rで採用されたボア×ストローク設定に変更されている。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 GSX-R750R

型式

 GR79C

全長×全幅×全高

2,070×730×1,110(mm)

軸間距離

1,405mm

最低地上高

120mm

シート高

785mm

車両重量

187kg (乾燥重量)

エンジン種類

油冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

749cm3

内径×行程/圧縮比

70.0×48.7(mm)/10.9

最高出力

56.6kW(77PS)/9,500rpm

最大トルク

66.6N・m(6.8kgf・m)/7,000rpm

燃料タンク容量

19ℓ

エンジンオイル容量

5.2ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

キャブレター

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.384

2速

1.882

3速

1.631

4速

1.450

5速

1.291

6速

1.200

一次減速比/二次減速比

1.744/2.600

キャスター/トレール

24°50’/102mm

タイヤサイズ

130/60-17

170/60-17

ブレーキ形式

φ310mmダブルディスク&ニッシン製対向4ポットキャリパー

φ240mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径φ43mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

アルミダブルクレードルフレーム

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

165万円

※メーカー希望小売価格は当時価格