SUZUKI

【GSX-R750 30年間の軌跡】1994年 GSX-R750SP

水冷エンジンを新採用した1992年 GSX-R750は1995年まで継続販売された。その間に、1994年にはTT-F1からスーパーバイクへと全日本ロードレース選手権のレギュレーションが統一。それに合わせて、スーパーバイクのレギュレーションに対応したベース車として開発されたのが、1994年 GSX-R750SPだ。

1992年 GSX-R750からの変更点は、フレーム・フロントフォーク・ホイール・ヘッドランプ・バッテリーなどの軽量化にはじまり、スイングアームへのサブフレームの追加、トキコ製6ポット キャリパーの採用など多岐にわたる。

また、ヘッドライトのレンズには二輪車で当時世界初採用であったステップリフレクターを採用。インナーレンズが不要となることで、スタイリッシュな顔つきとなっている。

販売価格は、1992年 GSX-R750比で25万2,000円高の115万円だった。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 GSX-R750R SP(1994年)

型式

 GR7BC

全長×全幅×全高

2,095×730×1,135(mm)

軸間距離

1,440mm

最低地上高

140mm

シート高

810mm

車両重量

198kg(乾燥重量)

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

749cm3

内径×行程/圧縮比

70.0×48.7(mm)/11.8

最高出力

56.6kW(77PS)/9,500rpm

最大トルク

66.6N・m(6.8kgf・m)/7,000rpm

燃料タンク容量

20ℓ

エンジンオイル容量

3.9ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

キャブレター

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.400

2速

1.937

3速

1.666

4速

1.450

5速

1.320

6速

1.227

一次減速比/二次減速比

1.744/2.562

キャスター/トレール

25°30’/98mm

タイヤサイズ

120/70-17

180/55-17

ブレーキ形式

ダブルディスク&対向6ポットキャリパー

シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

倒立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

アルミダブルクレードルフレーム

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

115万円