HONDA

新型CBR400Rを事前予習!! 2016年 CBR500R まとめ

2013年に初登場したCBR400Rが、2016年モデルでエクステリア面を中心に大きな変更を受ける。2015年10月の終わりに開催された東京モーターショーに出品され、大いに話題を呼んだ新型の2016年 CBR400Rは、一体どのような進化を遂げたのだろうか。

ちなみに、新型CBR400Rが世界で初披露されたのは、2015年10月初めにアメリカで開催されたAIMExpoにて。そして、現段階でのリリース情報はあくまでも海外向けモデルのCBR500Rのモノとなり、国内仕様とは仕様が異なる場合があるので注意してほしい。

フレーム・エンジンは従来モデルを継承しつつも、ガラッと印象を変えたカウルデザイン、LEDヘッドライト、アジャスタブルフロントフォーク、新形状のエキゾーストシステムなど、その変更点は多岐にわたる。

フロントフォークはインナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォークというパッケージングはそのままに、プリロードアジャスターが新たに追加された。リヤショックは9段階のプリロード調整機能付きだ。また、新形状のシフトドラムを採用することで、シフトフィーリングの向上もはたしている。

カウルデザインのコンセプトは“アグレッシブ・スピード・シェイプ”。スラントしたフロントカウルにダクト付きのテールカウルなど、スポーツ色を前面に押し出した仕上がりだ。

整流効果をねらってスクリーン下部に設けられたダクトは、ヘルメット周辺のスムーズな風の流れに貢献する。また、カウルデザインの変更にともない、シートデザインも変更を受けているが、シート高に変更はなく785mmのままだ。タンデムシートはテールカウルのデザインに合わせ、スポーティな形状となった。

燃料タンクは容量1.7ℓアップの16.7ℓの設定とするとともに、キャップカバーが取り外し式からヒンジ付きのエアプレーンタイプに変更されている。その他にも5段階の調整機能付きのブレーキレバー、ウェイブ形状のキーを新採用するなど、クオリティアップが図られている。


 2013年モデルと見比べてみると


COLOR VARIATION

この他に上の画像のトリコロールと、マットガンパウダーブラックを合わせた計6色でのカラー展開が予定されている。なお、国内販売時にはカラーラインナップが変更される可能性がある点はお忘れなく。





SPECIFICATIONS

車名(通称名)

CBR500R(2016)

全長×全幅×全高

2,080×750×1,145(mm)

軸間距離

1,410mm

最低地上高

140mm

シート高

785mm

車両重量

194kg

燃料消費率

WMTCモード値 29.4km/ℓ
定地燃費値 -km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列2気筒

総排気量

471cm3

内径×行程/圧縮比

67×66.8(mm)/10.7

最高出力

35kW(47.5PS)/8,500rpm

最大トルク

43N・m(4.3kgf・m)/7,000rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

16.7ℓ

エンジンオイル容量

3.2ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式バッテリー点火

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

キャスター/トレール

25°30′/102mm

タイヤサイズ

120/70ZR17M/C (58W)

160/60ZR17M/C (69W)

ブレーキ形式

Φ320mmシングルディスク&2ピストンキャリパー

Φ240mmシングルディスク&1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

ダイヤモンドフレーム

乗車定員(人)

2

※スペックは2016年 CBR500R