2013_CB400F_Headlight
HONDA

新型の登場前に復習しておきたい!! 2013年 CB400F

2016年モデルのCB400Fは、CBR400R400X同様にスタイリッシュなデザインを獲得し新たに生まれ変わる。残念ながら、2015年10月に開催された東京モーターショーではその現車を見ることはできなかったが、すでに海外仕様の2016年 CB500Fの詳細は発表済み。そこで、新型の登場前に、2013年に登場した現行モデルのCB400Fを振り返っておこう。

CBR400R400Xとプラットフォームを共有する兄弟車として登場したCB400F。そのため、ダイヤモンドタイプのフレームや、水冷4ストローク DOHC 4バルブ並列2気筒 399ccエンジン、インナーチューブ径Φ41mmの正立フロントフォークを採用した足まわりなどは、CBR400R・400Xと同じ仕様だ。

CB400Fの特徴は、V字型の異形ヘッドライトに大きなシュラウド、400Xよりも若干低めに設定されたバーハンドルを採用したストリートファイタースタイルにある。そのスタイリッシュなデザインのモチーフは、CBシリーズのフラッグシップモデル・CB1000Rだ。ちなみに、カウル類の省略によって、CBR400R比で2kg軽量に仕上がっている。

また、アンダーカウルのように見えるステンレス製のキャタライザーカバーはCBR400R・400Xと共通のデザイン。CBR400Rではフルカウルの一部のように見えつつ、CB400Fではアンダーカウルとしても機能するよう、デザインが工夫されているのだ。


COLOR VARIATION


海外仕様のCB500Fにはこんなカラーも

左は2013年モデルのCB500Fの画像。国内仕様車では、ホワイトとブラックの2色展開であったが、海外仕様のCB500Fは、ホワイトとブラックに合わせレッドも含めた3色で展開されていた。

右は2015年モデルのCB500Fのカラーリング。国内では一度もカラーチェンジが行なわれていないCB400Fだが、CB500Fはカラーチェンジを受けていたのだ。海外でのストリートファイターモデルの人気の高さがうかがえるのではないだろうか。


足着き性はどうなの?

並列2気筒エンジンを採用したスリムな車体&785mmというシート高は、CBR400Rと同じなので足着き性もCBR400R同様に良好だ。一般的な体格の成人男性(モデルは身長172cm・体重68kg)であれば、不安はないだろう。


開発時に描かれたスケッチたち


 


 


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

CB400F

型式

EBL-NC47

全長×全幅×全高

2,075×780×1,060(mm)

軸間距離

1,410mm

最低地上高

155mm

シート高

785mm

車両重量

190kg(ABS:192kg)

燃料消費率

WMTCモード値 28.3km/ℓ
定地燃費値 39.7km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ並列2気筒

総排気量

399cm3

内径×行程/圧縮比

67×56.6(mm)/11

最高出力

34kW(46PS)/9,500rpm

最大トルク

37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

15ℓ

エンジンオイル容量

3.2ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式バッテリー点火

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

3.285

2速

2.105

3速

1.600

4速

1.300

5速

1.150

6速

1.043

一次減速比/二次減速比

2.029/3.000

キャスター/トレール

25° 30′/102mm

タイヤサイズ

120/70ZR17M/C (58W)

160/60ZR17M/C (69W)

ブレーキ形式

Φ320mmシングルディスク&2ピストンキャリパー

Φ240mmシングルディスク&1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

ダイヤモンドフレーム

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

66万7,440円

※ABSは5万760円高

ホンダお客さま相談センター

0120-086819

http://www.honda.co.jp/motor