HONDA

新型CB400Fを事前予習!! 2016年 CB500F まとめ

CBR400R400X同様に、2016年モデルでエクステリアデザインの変更やフロントフォークへのプリロードアジャスターの追加、燃料タンクの増量(15ℓ→16.7ℓ)、新形状のエキゾーストシステムの採用、シフトドラム形状の改良などのアップデートを受けるであろうCB400F。

現段階では海外向けモデルのCB500Fの情報がリリースされているのみであり、国内向けモデルのCB400Fとは仕様が異なる場合があるが、2016年モデルのCB500Fから新型CB400Fの詳細を探ってみたい。

ちなみに、2016年モデルのCB500Fが世界初披露されたのは2015年11月にイタリアで開催されたEICMA2015(=ミラノショー)にて。共通プラットフォームを採用する3モデルのなかでは一番最後のお披露目となった。

フレーム・エンジン・足まわりなどの基本的なシャシー構成は2013年モデルそのままに、メカニカル&アグレッシブをコンセプトに新たなデザインを与えられた2016年 CB500F。

LEDを採用してコンパクト化をはたした新デザインのヘッドライトや、大幅に縮小されたシュラウド、新デザインのサイレンサーによって車体の凝縮感が増し、コンパクトかつスポーティな印象を与えてくれる。また、タンク中央を走るラインもスポーティさの向上に一役買っている。

新形状のシュラウドは2層構造を採用する。エンジンにかぶらない形状とすることで、エンジンの造形美を強調。ブロンズカラーに変更されたヘッド部とクランクケースカバーがアクセントになっている。テールカウルはCBR500Rと同形状だ。


2013年モデルと見比べてみると


COLOR VARIATION





SPECIFICATIONS

車名(通称名)

CB500F(2016)

全長×全幅×全高

2,080×790×1,060(mm)

軸間距離

1,410mm

最低地上高

160mm

シート高

785mm

車両重量

192kg

燃料消費率

WMTCモード値 29.4km/ℓ
定地燃費値 -km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列2気筒

総排気量

471cm3

内径×行程/圧縮比

67×66.8(mm)/10.7

最高出力

35kW(47.5PS)/8,500rpm

最大トルク

43N・m(4.3kgf・m)/7,000rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

16.7ℓ

エンジンオイル容量

3.2ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式バッテリー点火

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

キャスター/トレール

25°30′/102mm

タイヤサイズ

120/70ZR17M/C (58W)

160/60ZR17M/C (69W)

ブレーキ形式

Φ320mmシングルディスク&2ピストンキャリパー

Φ240mmシングルディスク&1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

ダイヤモンドフレーム

乗車定員(人)

2

※スペックは2016年 CB500F