HONDA

色付きフレームで魅せる!! 2016年 CB650F 欧州仕様

欧州仕様の2016年 CB650Fにニューカラーが追加された。また、同一のエンジン&シャシーをベースに、フルカウルスタイルが与えられたCBR650Fの2016年モデルにも同様のグラフィックを採用したニューカラーが発表されている。

今回発表されたのは、マットブラックをベースにフレーム&サイドカバー部分がレッドに塗装されたカラーリングと、同じくマットブラックをベースにフレーム&サイドカバーをホワイトに塗装し、リヤホイールもホワイトに仕上げられたカラーリングの2色だ。

専用のグラフィックがシュラウド・サイドカバー部分に入れられ、リムストライプも採用するなど、どちらかというと落ち着いたイメージであったCB650Fの既存色とは一線を画す、アクティブな仕上がりのカラーリングだ。

このカラーリングが採用された背景には、2013年に改定されたEUでの免許制度が関係しているのではないだろうか。現在、EUではAM免許(日本でいう原付免許に近い)・A1免許(日本でいう小型限定普通二輪免許に近い)・A2免許(日本でいう普通二輪免許に近い)・A免許(日本でいう大型二輪免許に近い)という4つの二輪免許が存在しており、CB650Fには、A2免許で乗れるデチューン仕様がラインナップされているのだ。

A2免許とは、18歳以上から取得が可能で、排気量の制限はないものの、最高出力が35kW(47.6PS)以上のバイクは運転ができないというモノ。そこで、若者でも取得が容易なA2免許で運転可能なように馬力を下げたデチューン仕様を販売することで、若年層のエントリーユーザーに売り出しているというわけだ。そんな流れもあり、今回のような新カラーの採用となったのだろう。


国内仕様 2015年モデルのカラーラインナップ



SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 CB650F(2016年)

全長×全幅×全高

2,110×775×1,120(mm)

軸間距離

1,450mm

最低地上高

150mm

シート高

810mm

車両重量

206kg(ABS:208kg)

エンジン種類

 水冷4ストローク DOHC 4バルブ並列4気筒

総排気量

649cm3

内径×行程/圧縮比

67×46(mm)/11.4

最高出力

64kW(47PS)/11,000rpm

最大トルク

63N・m(6.4kgf・m)/8,000rpm

燃料タンク容量

 17.3ℓ

エンジンオイル容量

 3.5ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

キャスター/トレール

 25°30’/101mm

タイヤサイズ

 120/70 ZR17(58W)

 180/55 ZR17(73W)

ブレーキ形式

 Φ320mmダブルディスク&2ピストンキャリパー

 Φ240mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

 インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

 スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

ダイヤモンドフレーム

乗車定員(人)

2

※スペックは2016年 CB650F 海外仕様