YAMAHA

MT-03は、MT-25の排気量が320ccになった“だけ”じゃないのだ

MT-25の車体をベースに、ボアを8mm拡大した(ボア×ストローク:68 ×44.1mm)320ccの並列2気筒エンジンを搭載するMT-03。YZF-R3と同様に外見からはその変更点がわかりづらいのだけれど、シッカリと手が加えられている。

MT-25に比べて71cc排気量がアップした320ccの並列2気筒エンジンは、最高出力&最大トルクともに向上。数値上では最高出力で6psほどの差であるが、実際に乗ってみると数値以上に大きな違いを感じる。

たとえば、MT-25であればギヤを一段下げたくなるような坂道であっても、MT-03であれば同じギヤを使ったまま上り続けることができたり、減速後の再加速時にもシフトダウンをせずに済んだりするのだ。そうした71cc分の余裕は、街乗りやツーリングといった日常的なシーンで必ず活きてくるに違いない。ただ、その余裕を得るためには“車検”が付いてくるので、必然的にMT-25よりも維持費が高くなってしまうのだけれど…。

また、YZF-R3と同様に、ギヤ比のハイギヤード化や、IRC製のSレンジ(180km/hまで対応)のタイヤからミシュラン製のHレンジ(210km/hまで対応)のタイヤへの変更、ヒールガードに穴あけ加工がほどこされていない点が、MT-25との違いとなる。販売価格はMT-25比で3万2,400円高の55万6,200円だ。


COLOR VARIATION


足着き性はどうなの?

MT-25からタイヤ以外にシャシー関係の変更はなく、シート高も780mmをキープ。そのため、一般的な体格の成人男性(モデルは身長172cm・体重68kg)であれば足着きに不安を感じることはないだろう。


元祖 MT-03といえば、このバイク

実は今回紹介するMT-03以前にも、過去に同名のバイクが販売されていたのだ。上の画像の元祖MT-03は、660ccの水冷4ストローク 単気筒エンジンを搭載していた。ちなみに、このエンジンはビッグオフロードモデル・XT660Rに搭載されていたモノが流用されている。2006年から2013年まで海外で生産され、そのまま海外向けに販売され、国内市場には導入されずじまいであった。





SPECIFICATIONS

車名(通称名)

MT-03

型式

EBL-RH07J

全長×全幅×全高

2,090×745×1,035(mm)

軸間距離

1,380 mm

最低地上高

160mm

シート高

780mm

車両重量

165kg

燃料消費率

WMTCモード値 34.6km/ℓ
定地燃費値 24.4km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列2気筒

総排気量

320cm3

内径×行程/圧縮比

68×44.1(mm)/11.2

最高出力

31kW(42ps)/10,750rpm

最大トルク

30N・m(3.0kgf・m)/9,000rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

14ℓ

エンジンオイル容量

2.4ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

TCI(トランジスタ式)

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.500

2速

1.823

3速

1.347

4速

1.086

5速

0.920

6速

0.800

一次減速比/二次減速比

3.043/3.071

キャスター/トレール

25°00′/95mm

タイヤサイズ

110/70-17M/C(54H)

140/70-17M/C(66H)

ブレーキ形式

シングルディスク&片押し2ピストンキャリパー

シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

ダイヤモンドフレーム

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

55万6,200円

ヤマハ発動機お客さま相談室
0120-090-819
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc