KAWASAKI

2016年 Ninja ZX-14R ABS High Gradeは、豪華装備を多数採用!!

2016年1月27日に開催されたカワサキのニューモデル撮影会に用意されていたZX-14R ABSハイグレード。ZX-14R ABSをベースに、ブレンボのモノブロックキャリパー・ローター・ラジアルポンプマスター、オーリンズのリヤショックなどを標準装備したモデルで、その名称どおりハイエンドなパーツがおごられているモデルなのだ。専用のキャンディーカラーに、スペシャルグラフィックも採用していて、スタンダードモデルよりも数段質感が高くなっており、まさに“カワサキの旗艦”という貫録を備えていた。

下を見てもらえば装備の詳細はわかるけれど、それでいて販売価格はZX-14R ABS比で18万3,600円高の186万8,400円に抑えられているから驚きだ。


ブレンボで固められたフロントブレーキ

ブレンボ製の市販キャリパーとしては、もっともハイグレードなモノとなるM50 アルミモノブロックキャリパーと、同じくブレンボ製のΦ310mmディスク、ブレンボ製ラジアルポンプマスターが組み合わせられたフロントブレーキシステム。ブレーキホースもステンレスメッシュを標準装備している。


リヤショックにはオーリンズを採用

リヤショックにはカワサキがオーリンズと共同開発をしたTTX39というショックユニットを採用している。工具を使用することなく、アジャスターノブを回すだけで無段階のプリロード調整&圧・伸びの減衰調整が可能だ。シートレール部には誇らしげなÖHLINSのプレートがあしらわれる。ちなみにZX-14Rシリーズでは、車体左側にセンタースタンドがけや引き起こしの際に役立つアシストグリップが装着されているのも特徴だ。


その他にも専用装備が多数

その他にも、アルミ削り出しのフロントフォークキャップやステアリングステムナットなど、各所に専用パーツがおごられており、スタンダードモデルから質感を高めている。また、2016年 ZX-14R ABSではアジア市場向けのモデルに限り、従来モデルよりも上方に13.2mm、手前に13.3mm、ハンドル幅も16.8mm広い位置にハンドルポジションが変更されているため、ゆとりあるライディングポジションとなっているのだ(スタンダードモデルも同様のハンドルポジション)。



SPECIFICATIONS

車名(通称名)

ZX-14R ABS High Grade

全長×全幅×全高

2,170×780×1,170(mm)

軸間距離

1,480mm

最低地上高

125mm

シート高

800mm

車両重量

269kg

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ並列4気筒

総排気量

1,441cm3

内径×行程/圧縮比

84×65(mm)/12.3

最高出力

147.2kW (200PS)/10,000rpm[ラムエア加圧時:154.5kW (210PS)/10,000rpm]

最大トルク

158.2N・m (16.1kgf・m)/7,500rpm

使用燃料

無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量

22ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.611

2速

1.947

3速

1.545

4速

1.333

5速

1.154

6速

1.036

一次減速比/二次減速比

1.556/2.471

キャスター/トレール

23°00’/93

タイヤサイズ

120/70ZR17M/C (58W)

190/50ZR17M/C (73W)

ブレーキ形式

Φ310mmダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ピストンキャリパー

Φ250mmシングルディスク&対向2ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ43mm 倒立フロントフォーク

スイングアーム,シングルリヤショック

フレーム形式

アルミ製モノコック

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

186万8,400円

ブライト
078-326-6515
http://www.bright.ne.jp