HONDA

2015年 CB400SFは、もはや完成形!? エンジン&足まわりに変更なし

1992年4月に初代モデルが登場して以来、長らく400ccクラスのスタンダードモデルに君臨し続けるCB400SF。2007年にモデルチェンジを受けて、HYPER VTEC Revoを搭載する第3世代モデルになってから約7年後の2014年3月に初めてのマイナーチェンジを実施し、さらなる熟成が図られた。

主な変更点は、テールまわりのデザイン変更と、シートフレームの補強、新デザインのホイールの採用などだ。

スポーティさを強調する跳ね上げたテールがトレードマークとなりつつあったCB400SFであるが、2015年モデルではテールカウルの跳ね上げ具合が若干抑え気味に変更された。また、サイドカバーの形状も同時に変更されており、テールカウルへと流れていくような造形に。シートフレームへの補強は、新たに純正アクセサリーパーツへと追加されたリヤキャリア&トップボックスの装着に対応するためだ。ホイールは10本スポークタイプとなることで、より軽快な印象となっている。

その他、ハンドルバーも変更されており、従来モデルよりもハンドル幅が広くなるとともに、グリップ位置で手前に10mm・上方に7mm移動することで、よりアップライトなライディングポジションとなった。

約7年振りに行なわれたマイナーチェンジであったにもかかわらず、変更点はユーティリティ面とデザインの変更、ライディングポジションの見直しのみ。もはや、その走行性能は完成の域に達しているということなのだろうか。

スタンダードモデルで79万3,800円、ABSモデルで84万4,560円、Eパッケージ(ABS、ETC車載器、グリップヒーター&専用インジケーターを標準装備)で91万2,600円の販売価格となるCB400SFは、NC750シリーズやMT-07などよりも高価なバイクだ。しかしながら、実際に乗ってみれば最新の大型バイクたちにも引けを取らない、完成度の高い走りを実感できる。

教習所で乗ったことあるし、どんなバイクかは知ってるよという人もいるかもしれないが、教習仕様車はHYPER VTECが廃止されていたり、エンジンがデチューンされていたり、タイヤが細くなっていたり、バンパー類の装着で車重が増えていたりするので別モノ。ぜひ、本当のCB400SFの乗り味を試乗会など、機会があれば確かめてみては。


COLOR VARIATION


足着き性はどうなの?

755mmのシート高設定と並列4気筒エンジンを搭載していながらもスリムにしぼり込まれた車体のおかげで、男性はもちろんのこと、女性ライダーであっても足着き性に不安は感じにくいのではないだろうか。身長161cm・体重45kgの女性で、両足のカカトが浮く程度の足着き性だ。


開発時に描かれたスケッチ


2015年2月に登場したSpecial Edition

2015年2月27日には、ブラックとレッド基調の特別カラーを採用したスペシャルエディションが受注期間限定(2015年2月20日から2015年6月8日まで)で登場した。ブラウンメタリックの前後ホイールや、同じくブラウンメタリックのシリンダーヘッド、グレイアルマイト仕上げのリヤショックリザーバータンクなど、落ち着いた印象のカラーリングであった。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

CB400SF

型式

EBL-NC42

全長×全幅×全高

2,080×725×1,080(mm)

軸間距離

1,410mm

最低地上高

130mm

シート高

755mm

車両重量

197kg[ABS:200kg]【Eパッケージ:201kg】

燃料消費率

定地燃費値 31km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

399cm3

内径×行程/圧縮比

55×42(mm)/11.3

最高出力

39kW(53ps)/10,500rpm

最大トルク

38N・m(3.9kgf・m)/9,500rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

18ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

3.307

2速

2.294

3速

1.750

4速

1.421

5速

1.240

6速

1.130

一次減速比/二次減速比

2.171/2.933

キャスター/トレール

25°5’/90mm

タイヤサイズ

120/60ZR 17(55W)

160/60ZR 17(69W)

ブレーキ形式

ダブルディスク&対向4ポットキャリパー

シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,ツインショック

フレーム形式

ダブルクレードル

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

76万1,400円[ABS:81万2,160円]【Eパッケージ:88万200円】

※パールサンビームホワイトはプラス3万2,400円

ホンダお客さま相談センター
0120-086819
http://www.honda.co.jp/motor