KAWASAKI

Ninja250SLの兄弟車Z250SLが、2016年3月に国内販売を開始!!

Photo by Daisuke Takeda

2015年4月より国内での販売が開始されていたニンジャ250SLに続き、そのストリートファイターバージョンであるZ250SLも国内販売を開始する。

水冷4ストローク DOHC 4バルブ単気筒エンジンや、トレリスフレーム&インナーチューブ径Φ37mmの成立フォークといったシャシーはニンジャ250SLと共通であるが、ハンドルはセパレートタイプからフラットなバーハンドルタイプへと変更されている。それに加えて、エッジの効いたフロントカウル、シャープなシュラウドなどが、Zシリーズらしいアグレッシブさを主張している。

“ライトウエイトスポーツ”をコンセプトに、コンパクトかつ軽量に仕上がっていたニンジャ250SLであったが、カウルを脱ぎ去ったZ250SLはらさらに1kg軽量な148kgの車両重量となる。

なお細かな点ではあるが、現在(2016年2月1日時点)国内で販売されているニンジャ250SLは2015年モデルであるため、タンデムステップは溶接で取り付けられている。しかし、Z250SLは2016年モデルなので、ひと足先に取り外し式のタンデムステップになっている。

販売開始は2016年3月15日より、販売価格はニンジャ250SL比で2万1,600円安い43万7,400円だ。


COLOR VARIATION

キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック

キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック


足着き性はどうなの?

単気筒エンジンを搭載する車体は、250ccクラスとは思えないほどスリム。そのため、一般的な体格の成人男性(モデルは身長172cm・体重68kg)であれば、足着き性に不安はない。車両重量も148kgと軽量なうえ、バーハンドルを採用しているため、取りまわし性も良好だ。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

Z250SL

型式

JBK-BR250E

全長×全幅×全高

1,935×700×1,015(mm)

軸間距離

1,330mm

最低地上高

180mm

シート高

785mm

車両重量

148kg

燃料消費率

WMTCモード値 31.3km/ℓ
定地燃費値 39km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒

総排気量

249cm3

内径×行程/圧縮比

72×61.2(mm)/11.3

最高出力

21kW(29ps)/9,700rpm

最大トルク

22N・m(2.2kgf・m)/8,200rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

11ℓ

エンジンオイル容量

1.3ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

3.000

2速

1.933

3速

1.444

4速

1.217

5速

1.045

6速

0.923

一次減速比/二次減速比

2.800/ 3.000

キャスター/トレール

24°00′/ 90mm

タイヤサイズ

100/80-17M/C 52S

130/70-17M/C 62S

ブレーキ形式

Φ290mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー

Φ220mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ37mm正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

ダイヤモンド

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

43万7,400円

カワサキモータースジャパンお客さま相談室
0120-400819
http://www.kawasaki-motors.com/mc