HONDA

2016年 TACT/BASICはベトナム生産から国内生産に!! 新色も多数登場

2015年1月に販売を開始したタクト&タクトベーシックの2016年モデルが発表された。新色が追加されたことはもちろんだが、今回のモデルチェンジで注目したいのはこれまでのベトナム生産から熊本製作所での生産に変更されている点。なお、2015年10月に販売を開始した新型ジョルノを皮切りに、同じく水冷OHC 単気筒49ccのeSPエンジンを搭載するダンクも2016年モデルより熊本製作所での生産に切り替わっている。

タクトベーシックに新たに追加されたカラーリングは、ブルー・レッド・ピンク・イエローの4色。既存色のブラック・ブラウン・ホワイトと合わせて、計7色の豊富なカラーラインナップとなる。ちなみに、スタンダードモデルのタクトからの変更点は、アイドリングストップ機構の省略&シート高のダウン(タクト比で15mmダウンの705mm)。それに伴い、シート下トランク容量もタクト比で1ℓダウンの19ℓとなっている。


2015年モデルからの継続色


TACTにも新色が登場!

タクトに追加された新色は、ホワイトとブラウンの2色。ちなみに、今回採用されたブラウンは、すでにタクトベーシックに採用されていたものと同様のカラーリングとなり、2016年モデルのタクトは既存色のホワイトを合わせて計3色での展開となった。

タクト&タクトベーシックともに販売開始は2016年2月12日からとなり、販売価格や仕様諸元などに変更はない。


2015年モデルからの継続色


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

TACT/BASIC

型式

JBH-AF79

全長×全幅×全高

1,675× 670 × 1,035 (mm)

軸間距離

1,180mm

最低地上高

105 mm

シート高

720[705] mm

車両重量

79[78] kg

燃料消費率

WMTCモード値 56.4km/ℓ
定地燃費値 80 km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークOHC 単気筒

総排気量

49cm3

内径×行程/圧縮比

39.5×40.2(mm)/12

最高出力

3.3kW(4.5ps)/8,000rpm

最大トルク

4.1N・m(0.42kgf・m)/7,500rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

4.5ℓ

潤滑方式

圧送飛沫併用式

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ・キック併用式

点火方式

フルトランジスタ式

クラッチ形式

乾式多板シュー式

トランスミッション形式

無段変速式

ギヤ・レシオ

2.850~0.860

キャスター/トレール

26°30’/75mm

タイヤサイズ

80/100-10 46J

80/100-10 46J

ブレーキ形式

シングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

機械式リーディング・トレーリング

懸架方式

テレスコピック式

ユニットスイング式

フレーム形式

アンダーボーン

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

17万2,800円[15万9,840円]

※[ ]内はタクトベーシック

ホンダお客さま相談センター
0120-086819
http://www.honda.co.jp/motor