TRIUMPH

SPEED TRIPLEに続いて、2016年 TIGER SPORTも充実の電子制御システムを獲得!!

トライアンフの発売するタイガースポーツは、スピードトリプル譲りの1,050cc並列3気筒エンジンを搭載するツアラーだ。今回、先に発表されていた新型のスピードトリプル同様に、充実の電子制御システムを搭載しモデルチェンジをはたした。

実に104ヶ所ものパーツが見直されたというエンジンは、最高出力で93kW(126ps)/9,475rpm、最大トルクで106N・m(10.8kgf・m)/7,000rpmを発揮。新型ECUと電子制御スロットルの採用により、トラクションコントロールとクルーズコントロール、3段階(ロード・レイン・スポーツ)のライディングモード選択機能も追加された。それに加えて、トルクアシストクラッチを新たに採用することで、クラッチ操作の軽快化も実現しているという。

また、エクステリア面ではスモークタイプの調整式スクリーンや、ハンドガードなどを標準装備することで、ウインドプロテクション性能の向上が図られた。そのほか、メーターやミラー、フットペグなどのデザインも見直されている。

欧州では4月中旬に販売が開始されているようだが、国内への導入に関するアナウンスは今のところなし。続報を楽しみに待ちたい。


COLOR VARIATION


従来モデルと見比べてみると

 

スクリーンやミラーなどのデザイン変更、ハンドガードの追加装備などの変更が加えられているものの、造形上の大きな変化はない。ただ、車体のグラフィックは従来のシンプルなモノから、サイドに1050のロゴが入ったスポーティなデザインへとリニューアルされた。


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

TIGER SPORT

全長×全幅×全高

2,150×850×1,330-1,385(mm)

軸間距離

1,540mm

シート高

830mm

車両重量

218kg(乾燥重量)

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列3気筒

総排気量

1,050cm3

内径×行程/圧縮比

79×71.4(mm)/12.25

最高出力

93kW(126ps)/9,475rpm

最大トルク

106N・m(10.8kgf・m)/7,000rpm

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

キャスター/トレール

22.8°/88.7mm

タイヤサイズ

120/70-17

180/55-17

ブレーキ形式

Φ320mm ダブルディスク&ラジアルマウント 対向4ポットキャリパー

Φ255mmシングルディスク&片押し2ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ43mm ショーワ製倒立フロントフォーク

スイングアーム,ショーワ製シングルショック

フレーム形式

アルミツインスパー

乗車定員(人)

2

トライアンフコール
03-6809-5233
http://www.triumphmotorcycles.jp