KAWASAKI

カワサキ・モトクロッサーの2017年モデル 6車種が一挙に発表!

カワサキが国内向けにラインナップするモトクロッサーは全部で7機種あるが、うち6機種の2017年モデルが同時に発表され、いずれも2016年7月1日より販売を開始する。

今回、2017年モデルとして発表されたのはKX450F、KLX110L、KX100、KX85-Ⅱ、KX85、KX65の6台だが、KX450Fを除く5台は2016年モデルからのカラー&グラフィックの変更となり、主要諸元や販売価格などに変更はない。

2016年モデルで、従来モデルと比べて3kg以上の軽量化やエンジンのパワーアップ、ボディワークの見直しなどの大がかりなモデルチェンジを受けたKX450F。2017年モデルではさらなる熟成が図られた。

具体的には、ステアリングステムやスイングアームピボットブラケットの変更、フロントフォーク&リヤショックのバルブセッティング(リヤショックはスプリングも変更)の見直しを受けており、キャスター角は2016年モデルの28°から28°20’に、トレールは125mmから126mmの設定に。また、前後のホイールトラベルはフロントが2016年モデル比で5mm少ない305mm、リヤが10mm少ない305mmとなった。それに伴い、シート高と最低地上高もそれぞれ10mm低くなっている。

そのほか、カラー&グラフィックの変更も受けており、シュラウド部の“KX”のロゴも新デザインを採用する。


2016年モデルと見比べてみると

KX450F


KLX110L


KX100


KX85


KX85-Ⅱ


KX65


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

KX450F

全長×全幅×全高

2,195×820×1,290(mm)

軸間距離

1,495mm

最低地上高

335mm

シート高

950mm

車両重量

108.8kg

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒

総排気量

449cm3

内径×行程/圧縮比

96×62.1(mm)/12.8

燃料タンク容量

6.3ℓ

潤滑方式

セミ・ドライサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

プライマリキック

点火方式

デジタル DC-CDI

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式5段

ギヤ・レシオ

1速

1.750

2速

1.412

3速

1.188

4速

1.000

5速

0.875

一次減速比/二次減速比

2.727/3.846

キャスター/トレール

28°20’/126mm

タイヤサイズ

80/100-21 51M

120/80-19 63M

ブレーキ形式

Φ270mmシングルディスク&片押し2ピストンキャリパー

Φ240mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ49mm 倒立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

セミダブルクレードル

乗車定員(人)

1

メーカー希望小売価格

92万6,640円

カワサキモータースジャパンお客さま相談室
0120-400819
http://www.kawasaki-motors.com/mc