APRILIA

2016年 RS4 50/125にレーシーな新グラフィックが登場!

小排気量ながら、スーパースポーツモデルと同様の本格装備が魅力のRS4 50/125に新グラフィックを採用したレプリカバージョンが加わり、2016年3月25日より販売を開始した。

今回新たに採用されたカラーリングは、アプリリアのフラッグシップモデルであるRSV4 RFと同様のレーシーなモノ。なお、カラーリング以外の主要諸元や販売価格などに変更はなく、今回発表された新カラーと合わせて、イエロー・マットブラックも継続して販売される。

RS4 125は水冷4ストローク DOHC4バルブ 単気筒 124ccエンジンを搭載し、最高出力で11kW(15ps)/10,500rpmを発揮。一方のRS4 50は水冷2ストローク 単気筒49.9ccエンジンを搭載する。

基本的なシャシー構成は両モデルともに共通で、アルミツインスパーフレームにインナーチューブ径Φ41mmの倒立フロントフォークや、Φ300mmシングルディスク&ラジアルマウント対向4ポットキャリパー、6速ミッションといった本格的なパッケージングを採用している。


従来のカラーリングと見比べてみると


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

 RS4 50/ RS4 125

全長×全幅×全高

1,968×760×1,135(mm)

軸間距離

1,353mm

シート高

820mm

車両重量

132[145]kg

エンジン種類

水冷2[4] ストローク単気筒

総排気量

49.9[124]cm3

内径×行程/圧縮比

39.86×40(mm)/11.5[58×47(mm)/12]

最高出力

[11kW(15ps)/10,500rpm]

燃料タンク容量

14.5ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

キャブレター[フューエルインジェクション]

始動方式

セルフ式

点火方式

電子制御イグニッションシステム

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

タイヤサイズ

100/80-17

130/70-17

ブレーキ形式

Φ300mmシングルディスク&対向4ポットキャリパー

Φ218mmシングルディスク&片押し1ピストンキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 倒立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

アルミツインスパー

乗車定員(人)

1[2]

メーカー希望小売価格

49万8,000円[53万8,000円]

※[ ]内はRS4 125

ピアッジオコール
03-3453-3903
http://www.piaggio.co.jp/aprilia