KAWASAKI

近未来的なルックスが与えられたNINJA400Rの兄弟モデル・ER-4nを振り返る

ニンジャ400RをベースとしたストリートファイターモデルであるER-4n。2010年10月のニンジャ400Rの登場と同時に販売を開始し、ニンジャ400Rと並行して販売されていた。その後、2013年にニンジャ400Rがニンジャ400へとフルモデルチェンジをした際に、ER-4nの販売は終了した。

基本的なシャシー構成はニンジャ400Rと共通しており、最高出力で32kW(44ps)/9,500rpm、最大トルクで37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpmを発揮する180度クランク採用の水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列2気筒 399ccエンジンを搭載。

足まわりには、フロントにインナーチューブ径Φ41mm 正立フォークとΦ300mmダブルディスク&片押し2ポットキャリパー、リヤにD断面形状のスイングアームとΦ220mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパーを組み合わせる。

ER-4nの最大の魅力は、やはりその独創的なルックスだろう。テールまわりの造形はニンジャ400Rと共通としつつも、縦2灯式のヘッドライトや大型のシュラウド、アンダーカウルなどを採用することにより近未来的なストリートファイタールックが与えられている。また、アナログのスピードとデジタルのタコを組み合わせた独特な形状のメーターも相まって、強烈な個性を放っていた。

なお、国内向けモデルのER-4nはニンジャ400へのフルモデルチェンジの際に販売を中止したが、海外向けモデルのER-6nはER-6f(ニンジャ650)と同時にフルモデルチェンジを受け、その後も販売を続けられている。


COLOR VARIATION
2011年


2012年


2013年


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

ER-4n/ABS (2013年)

型式

EBL-ER400B

全長×全幅×全高

2,100×760×1,100(mm)

軸間距離

1,405mm

最低地上高

140mm

シート高

785mm

車両重量

199[203]kg

燃料消費率

WMTCモード値 24km/ℓ
定地燃費値 37.5km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列2気筒

総排気量

399cm3

内径×行程/圧縮比

68.4×54.3(mm)/11

最高出力

32kW(44ps)/9,500rpm

最大トルク

37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

15ℓ

エンジンオイル容量

2.3ℓ

潤滑方式

セミ・ドライサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

3.000

2速

2.166

3速

1.640

4速

1.360

5速

1.192

6速

1.040

一次減速比/二次減速比

2.095/3.066

キャスター/トレール

24°30’/102mm

タイヤサイズ

120/70 ZR17M/C(58W)

160/60 ZR17M/C(69W)

ブレーキ形式

Φ300mmダブルディスク&片押し2ポットキャリパー

Φ220mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

ダイヤモンド

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

62万9,000円[69万9,000円]

※[ ]内はABS