KAWASAKI

さよなら“W” W800 Final Editionが2016年7月15日より販売開始

KLX250DトラッカーXに続いて、W800にもファイナルエディションが発表された。

今回発表されたW800ファイナルエディションでは、1973年に販売を開始した650RS W3のカラーリングを踏襲した特別カラー&グラフィックを採用。塗装工程までもW3と同様の手間暇をかけた4度塗りとし、段差の少ない美しい仕上がりとなっている。そのうえで、エンジン(ヘッドカバー・シリンダーヘッド・クランクケース)とフロント・リヤのハブはブラック仕上げとすることで、引き締まった印象に。

また、専用デザインのシートやタンクサイドの専用エンブレムなども与えられる。さらに、インジェクションカバーは叩き出し成形のように見える凸凹が特徴のハンマートーン塗装仕上げだ。

そのほか、主要諸元などに変更はない。販売価格はスタンダードモデル比で5万760円高の92万5,560円で、2016年7月15日からの販売開始となる。

W800の詳細や、これまでのカラーバリエーションなどはコチラの記事を参考に。

Wシリーズといえば1960年代から50年以上にわたり続く、カワサキ伝統のシリーズである。W1に端を発し、W3まで続いた初期Wシリーズ。そして、1999年2月に登場したW650、2006年に派生モデルとして登場したW400、W800へとWシリーズの系譜は受け継がれてきた。

今回、W800 ファイナルエディションの発表に伴いEUカワサキのサイトに掲載されたコメントを見る限り、WシリーズはこのW800 ファイナルエディションをもってその歴史に幕を下ろすことになりそうだ。今後、Wシリーズの後継を担うレトロモデルが登場してくれることを楽しみに待ちたい。

Photo by Daisuke Takeda

カワサキモータースジャパンお客さま相談室
0120-400819
http://www.kawasaki-motors.com/mc