HONDA

2013年に登場したVTRの派生モデル・VTR-Fはハーフカウルを装備し、高速走行時の快適性を追求

VTRの派生モデルとして2013年2月14日に販売を開始したVTR-Fは、VTRにハーフカウルを装着し、高速走行時の快適性を増したモデルとなる。

新設計のハーフカウルはY字デザインのマルチリフレクターヘッドライトを採用するとともに、カウル&ミラーをフレームマウントとすることで、ハンドリングの軽快さも追求されている。メーターもVTRのオーソドックスな2眼式タイプから、アナログのタコメーターとデジタルのスピードメーターを合わせた新設計のモノとなる。

249ccの水冷4ストロークDOHC 4バルブ V型2気筒エンジンやトレスフレーム、インナーチューブ径Φ41mmの正立フロントフォーク、フロントにΦ296mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー、リヤにΦ220mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパーを組み合わせるブレーキシステムなどの基本的なパッケージングはVTRを踏襲する。

なお、これらの変更に伴い、車両重量はVTR比で3kg増の163kgとなっている。そのほかの主要諸元などに変更はなく、販売価格はスタンダードモデル比で2万1,600円高の61万9,920円だ。

余談だが、VTRといえばネイキッドモデルという印象が強いという人もいるだろうが、実はVTシリーズの歴史を振り返ってみると、1982年の初代VT250Fにはじまり、1992年登場のゼルビスなど、カウル付きモデルの方が多かったりもする。VTR-Fは、そうしたVTシリーズの歴史を現代的にアレンジし直したモデルともいえるだろう。


COLOR VARIATION
2013年


2014年


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

VTR-F(2016年)

型式

JBK-MC33

全長×全幅×全高

2,080×725×1,115(mm)

軸間距離

1,405mm

最低地上高

155mm

シート高

755mm

車両重量

163kg

燃料消費率

WMTCモード値 -km/ℓ
定地燃費値 40km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ V型2気筒

総排気量

249cm3

内径×行程/圧縮比

60×44.1(mm)/11

最高出力

22kW(30ps)/10,500rpm

最大トルク

22N・m(2.2kgf・m)/8,500rpm

使用燃料

無鉛レギュラーガソリン

燃料タンク容量

12ℓ

潤滑方式

圧送飛沫併用式

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式5段

ギヤ・レシオ

1速

2.733

2速

1.800

3速

1.375

4速

1.111

5速

0.965

一次減速比/二次減速比

2.821/2.928

キャスター/トレール

25°30’/96mm

タイヤサイズ

110/70R17M/C 54H

140/60R17M/C 63H

ブレーキ形式

Φ296mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー

Φ220mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー

懸架方式

インナーチューブ径Φ41mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

ダイヤモンド

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

61万9,920円

ホンダお客さま相談センター
0120-086819
http://www.honda.co.jp/motor