SUZUKI

GSX-R600譲りの直四エンジンとスポーティなシャシーが持ち味のGSR400/ABS まとめ

GSR250・GSR400・GSR750と国内で展開されるGSRシリーズの先駆けとして2006年に販売を開始したGSR400。スーパースポーツモデルであるGSX-R600譲りのエンジンを、スポーティなシャシーに搭載するストリートファイターだ。
2007年9月にはABSを標準装備したGSR400 ABSもラインナップに追加され、その後GSR400 ABSのみのラインナップへと統合された。なお、GSR400の登場と同時に海外向けモデルとして同様のシャシーを採用するGSR600も登場したが、GSR600は2011年にGSR750へとその役目をバトンタッチし、生産を終了している。

GSX-R600の水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒エンジンをベースに、398ccへとボアダウンされたエンジンは、ボア×ストロークを54.6×42.5(mm)に設定。2008年の排ガス規制に対応した2009年以降のモデルではカムプロフィールやフューエルインジェクションシステムの変更を受け、最高出力で45kW(61ps)/12,000rpm、最大トルクで39N・m(4.0kgf・m)/10,000rpmを発揮する。
同様のエンジン型式を採用するCB400SF(ボア×ストローク:55×42mm)よりもロングストローク設定ながら、最高出力発生回転数はCB400SF(53ps/10,500rpm)よりも1,500回転高く設定されるなど、高回転指向のエンジン特性となっている。

アルミ製ツインスパーフレームを採用するシャシーは、GSR600と共通ということもあって豪華なパッケージング。アルミダイキャスト製のサブフレーム付きスイングアームや、インナーチューブ径Φ43mmの倒立フロントフォーク、180/55サイズのリヤタイヤなどを組み合わせる。

エクステリア面では、センターアップタイプのマフラーや、異形ヘッドライト、ウインカー一体型のシュラウドを採用したアグレッシブなスタイリングが目を引く。LEDテールランプは丸形2灯とすることで、2本出しサイレンサーと相まって迫力のテールビューを実現している。また、2009年のモデルチェンジの際にはメーターバイザーが追加装備された。


開発時のスケッチ


COLOR VARIATION
2006年


2007年


2009年


2010年


2013年


2014年


SPECIFICATIONS

車名(通称名)

GSR400 ABS(2016年)

型式

EBL-GK7EA

全長×全幅×全高

2,090×795×1,075(mm)

軸間距離

1,435mm

最低地上高

130mm

シート高

785mm

車両重量

215kg

燃料消費率

WMTCモード値 -km/ℓ
定地燃費値 32km/ℓ

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒

総排気量

398cm3

内径×行程/圧縮比

54.6×42.5(mm)/12.2

最高出力

45kW(61ps)/12,000rpm

最大トルク

39N・m(4.0kgf・m)/10,000rpm

燃料タンク容量

16ℓ

エンジンオイル容量

3.9ℓ

潤滑方式

ウェットサンプ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

ギヤ・レシオ

1速

2.785

2速

2.000

3速

1.600

4速

1.363

5速

1.208

6速

1.086

一次減速比/二次減速比

1.926/3.357

キャスター/トレール

25°15’/104mm

タイヤサイズ

120/70ZR17(58W)

180/55ZR17(73W)

ブレーキ形式

油圧式ダブルディスク

油圧式シングルディスク

懸架方式

インナーチューブ径Φ43mm 正立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

ダイヤモンド

乗車定員(人)

2

メーカー希望小売価格

88万5,600円

スズキお客さま相談室
0120-402-253
http://www1.suzuki.co.jp/motor