HONDA

新型CBR250RRが発表!! Light Weight Super Sports Conceptを具現化したレーシーな仕上がりだ

2015年の第44回東京モーターショーにて世界初披露され、大いに話題を呼んだライトウエイト・スーパースポーツコンセプト。そのコンセプトモデルを市販車へと落とし込んだ新型CBR250RRが、インドネシアでのホンダ二輪車の生産・販売を受け持つピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーターより発表された。

レーシングマシンさながらのハイグレードな装備と、これまでのCBR250Rとは一線を画すアグレッシブなデザインが注目の的であったライトウエイト・スーパースポーツコンセプトだが、それらはしっかりと新型CBR250RRにも受け継がれている。

エンジンはクラスナンバーワンの出力特性を目指した新開発の249.7cc 水冷4ストローク DOHC 4バルブ 並列2気筒を搭載。電子制御スロットルや3段階のエンジンモードセレクト機能(スポーツ・スポーツ+・コンフォート)を採用し、サーキットでのスポーツ走行にも対応可能な高回転域でのスムーズな出力特性を追求している。

そこへ組み合わされるシャシーは、同じく新設計のトラスフレームにアルミ製ガルアームタイプのスイングアーム、インナーチューブ径Φ37mmのSHOWA製 倒立フロントフォーク、プロリンクサスペンション(5段階のプリロード調整機能付き)、フロントΦ310mm・リヤΦ240mmの大径ウェーブディスクといった高性能なエンジンに見合ったパッケージングとなっている。

視覚的にも大きなインパクトを持つ倒立フロントフォークは、ダンパーを左側のみに採用することで、右側に装着されたフロントブレーキなどとの左右重量バランスの最適化や、スムーズな動作性などを追求。さらにブレーキレバー&ペダルに至るまで、操作性を考慮して新設計されている。

エクステリア面も、大排気量のスーパースポーツと遜色ないシャープなデザインに仕上がっており、上のライトウエイト・スーパースポーツコンセプトの独創的なデザインが、しっかりと落とし込まれているのが見て取れる。LEDヘッドライトを採用したアグレッシブなフロントフェイスや、コンパクトなテールカウル、縦2本出しのサイレンサーなどを採用し、スポーティな走りを予感させてくれる。

新設計のフルデジタルメーターはツイントリップ・時計・燃費・水温・ギヤポジションなどに加え、ラップタイムの計測機能や細かな調整が可能なレブインジケーター、ピークホールド表示機能も備えるなど、クローズドコースでの走行も視野に入れたレーシーな仕上がりだ。また、カラーリングはブラック×レッドに加え、グレー×イエロー・レッドの3色が展開されるようだ。

この新型CBR250RRは、2016年末にインドネシアでの販売を開始したのち日本でも販売が開始される予定だ。その全貌や国内への導入時期に関するアナウンスを楽しみに待ちたい。

なお、http://welovehonda.com/cbrseries/にて特設サイトが開設されているぞ(英語表記のみで、開くと動画が再生されるので注意)。

余談だが、CBR250RRという名前を聞くと、上のモデルを思い出す人も多いのではないだろうか。カムギアトレーンを採用した並列4気筒エンジンを搭載する初代CBR250RRが、CBR250Rからフルモデルチェンジを受け、登場したのは1990年のこと。249ccの直四エンジンは15,000rpmで45psの最高出力を発揮した。このレーシーなマシンの伝統は今回発表された新型CBR250RRにも受け継がれているのではないだろうか。


CBR250Rと見比べてみると

現行モデルのCBR250Rと比較してみると、そのパッケージングのスポーティさがよくわかる。もっともその開発コンセプトから、エンジンの気筒数やフレームまで完全に異なるので、別物のモデルと捉えた方がいいだろう。


開発時のスケッチ


COLOR VARIATION



SPECIFICATIONS

車名(通称名)

CBR250RR(2016年)

全長×全幅×全高

2,060×724×1,098(mm)

軸間距離

1,389mm

最低地上高

145mm

シート高

790mm

エンジン種類

水冷4ストローク DOHC4バルブ 並列2気筒

総排気量

249.7cm3

内径×行程/圧縮比

62×41.4(mm)/11.5

燃料タンク容量

14.5ℓ

燃料供給方式

フューエルインジェクション

始動方式

セルフ式

クラッチ形式

湿式多板

トランスミッション形式

常時噛合式6段

タイヤサイズ

110/70-17 54S

140/70-17 66S

ブレーキ形式

Φ310mmシングルディスク&片押し2ポットキャリパー

Φ240mmシングルディスク&片押し1ポットキャリパー

懸架方式

倒立フロントフォーク

スイングアーム,シングルショック

フレーム形式

トラスフレーム

乗車定員(人)

2

※スペックはインドネシア仕様